警察庁は来年度中に、事件や事故現場から110番した人に、スマートフォンでライブ映像を送ってもらうシステムを全国の警察で導入する方針を25日までに固めた。説明が難しい多重事故などでも、現場の状況を視覚的に素早く把握し、初動対応に活用する狙い。

 警察庁によると、新システムは110番を受けた警察の通信指令室が映像の必要性を判断し、通報者の了承を得た上で、システムに接続するURLを記載したショートメッセージを送信。

 受け取った通報者がURLをクリックするとスマホのカメラ機能が起動し、映像はライブで通信指令室に送信される仕組みだ。