【ソウル共同】韓国の文在寅大統領から停職2カ月の懲戒処分を受けた尹錫悦検事総長が処分の執行停止を求めていた問題で、ソウル行政裁判所は24日、尹氏の訴えを認める決定を出した。尹氏は職務に復帰した。

 大統領の処分を裁判所が覆した形で、検察改革を進めるため、抵抗してきた尹氏の影響力をそぐことを狙った政権側には大きな打撃となる。

 裁判所は24日、2回目の審問を開き双方の主張を聴き決定を出した。

 尹氏の弁護士は、検察が政権の中枢に迫る捜査を続けたため、尹氏を放逐する目的で秋美愛法相が懲戒を求めたと指摘。処分は検察の政治的な中立性と独立性を損なうと訴えていた。