野党は24日、「桜を見る会」前日の夕食会費用補填問題で安倍晋三前首相が不起訴処分となったことを巡り「安倍氏は国会で虚偽答弁を繰り返した。憲政史上の汚点だ」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と批判した。安倍氏は衆参両院議院運営委員会で説明を尽くすべきだとの声も上がった。

 安住氏は安倍氏の不起訴処分に関し「納得がいかない話だ。国民から見れば、ふに落ちない」と国会内で記者団に強調。「安倍氏は秘書が費用補填したのを本当に知らなかったのか。素朴な疑問だ」と述べた。