京都市は24日、劇場「ロームシアター京都」(左京区)の館長に就く予定だった演出家三浦基氏(47)の就任を見送ると発表した。三浦氏を巡っては、代表を務める劇団「地点」の元劇団員からパワハラを受けたなどとする訴えがあり、4月の就任が1年延期されていた。

 市によると、三浦氏は3月、関係当事者間で解決に至ったと市に報告。9月に「交渉事案の相手方から問題を再度提起され、現状で公共劇場の館長職に就任することは難しい」と申し出て、市や劇場を運営する財団とも協議、見送りが決まった。

 24日、京都市で会見した三浦氏は「残念」とした上で「就見送りが最善の選択だ」と話した。