日本サッカー協会は24日、新型コロナウイルスの影響で政府が大規模イベントの人数制限を再強化したことを受け、天皇杯全日本選手権と全国高校選手権での入場券の一般販売中止を決めた。天皇杯の準決勝2試合(27日)と決勝(来年1月1日)で既に販売された分は有効だが試合前日まで払い戻しに応じる。

 人数制限は来年1月11日まで、定員1万人以上の会場で原則上限5千人。東京・国立競技場での天皇杯決勝は先行販売や招待券で約1万6千枚、準決勝は川崎市等々力陸上競技場で約1万枚、大阪・パナソニックスタジアム吹田で約7千枚が流通しているという。