千葉県富津市のマザー牧場で、約200頭のヒツジが牧草地に並び、2021年のえと「丑」にちなんで「うし」の大きな文字を作るイベントが開かれ、来場者を楽しませている。来年1月11日まで1日1回披露され、雨天は中止。

 スタッフが合図の笛を鳴らすと、牧羊犬に導かれたヒツジたちが土煙を上げて斜面を駆け降り、平仮名の形にまかれた餌めがけて猛ダッシュ。好物の乾燥トウモロコシをほおばる群れの姿が「うし」の文字となって現れると、丘の上で見守っていた観客から拍手や歓声が上がった。