阪神にドラフト1位で入団する近大のスラッガー佐藤輝明が24日、奈良県生駒市にある大学グラウンドで意欲的に体を動かした。即戦力候補と注目される中、「開幕にスタメンで出られるようにアピールしたい。新たなスタートをしっかり切りたい」と力強く語った。

 内外野を守れる大型野手が慣れ親しんだグラウンドで練習するのは、この日が最後だった。無名の高校時代から、日々の鍛錬で関西学生リーグの通算最多本塁打記録を塗り替える強打者に進化した。「ここでの4年間が思い出。メンタル面でも成長したかな」と感慨を込め、守備練習や室内でフリー打撃に取り組むなどして汗を流した。