J1名古屋は24日、C大阪から元日本代表FW柿谷曜一朗(30)を獲得したと発表した。名古屋は今季3位に入り、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得。攻撃陣の強化を進めている。

 大阪府出身の柿谷はC大阪の下部組織で経験を積み、2006年にJリーグ初出場。高い技術に定評があり、13年のJ1では21得点を挙げた。14年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会に日本代表として出場。同年にバーゼル(スイス)に移籍し、16年からC大阪に復帰した。今季は途中出場が増え、リーグ24試合の出場で1ゴールにとどまった。