男性の育児休業取得を巡り、厚生労働省は24日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会に促進策をまとめた報告案を示し、同日大筋で了承された。産後鬱など妻の負担を減らすため、子どもの誕生から8週間は夫も柔軟に仕事を休めるようにする「男性版産休」を新設。企業に対しては、子どもが生まれる従業員一人一人への育休取得を働き掛けるよう義務付ける。

 同省は正式な報告書を基に、来年の通常国会に育児・介護休業法などの改正案を提出する。