25日に開幕するフィギュアスケートの全日本選手権の公式練習が24日、会場の長野市ビッグハットで始まった。男子は新型コロナウイルス禍でともに今季初戦となる羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(トヨタ自動車)が4回転ジャンプなどを調整した。アイスダンスは注目の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が滑りなどを確認した。

 今年は新型コロナ感染防止対策を徹底し、会場の収容人員の半分を上限に観客を入れ、27日まで行われる。世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表最終選考会も兼ねている。