安倍晋三前首相は24日、自らの後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会の費用補填問題を巡り、公設第1秘書が略式起訴されたのを受け、24日夕方に東京都内で記者会見する方向で調整に入った。自民党関係者が明らかにした。首相在任中の答弁について国会で説明、訂正したいとの意向も衆参両院議長に伝達。与野党は説明の場を25日に設ける方針で一致した。

 安倍氏は事務所を通じ、衆参両院議長に「事実と異なる部分が判明したので、答弁訂正の発言をさせてほしい」と書面で申し入れた。

 自民党の森山裕、立民の安住淳両国対委員長は国会内で会談、説明の場を25日に設けることで合意した。