在日米軍司令部のワインガードナー最上級曹長は23日午前(日本時間)、「米軍放送網」(AFN)のラジオ番組に出演し、米軍向けの新型コロナウイルス感染症のワクチンが「24~48時間以内に日本に到着する」と明らかにした。在日米軍などによると、到着から1~2日かけて6カ所の医療施設に配布する。

 ワインガードナー氏によると最初に到着するのは7千~8千回分で、医療従事者から優先的に接種し、来年半ばまでには在日米軍の要員に行き渡る量が届くという。

 ワインガードナー氏は「義務ではないが、より多くの人が接種して感染拡大を止めるしかこの状況を抜け出す方法はない」と強調した。