新型コロナウイルス検査で陽性判定が続いている空手で、組手男子75キロ超級で東京五輪代表に確定している荒賀龍太郎(30)=荒賀道場=も検査で陽性が確認されたことが23日、関係者への取材で分かった。検査は19日に実施し、無症状で自宅隔離しているという。

 関係者によると、京都を拠点とする荒賀は全日本空手道連盟の広報映像撮影のため上京。13日に全日本選手権形男子で9連覇した喜友名諒(劉衛流龍鳳会)=18日に陽性判明=と試合後に東京都内で会食した。喜友名の陽性判定を知り、自身も検査を受けたという。全日本選手権には不参加だった。