ロッテの益田直也投手が23日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、3年契約の2年目となる来季は現状維持の2億円でサインした。今季は7年ぶりに30をクリアする31セーブを挙げ、チームの2位躍進に貢献。来季の打倒ソフトバンクに向け「大事なところで打てるか抑えるか。来年はそこで勝ち切りたい」と意気込んだ。

 井上晴哉内野手は15本塁打にとどまり、300万円減の5200万円で契約を更改。30本塁打とゴールデングラブ賞を目標に掲げ「疲れたときでも力を出せる体をこのオフにつくりたい」と話した。(金額は推定)