プロ野球阪神は23日、1軍が沖縄県宜野座村、2軍が高知県安芸市で行う予定の来春キャンプについて、新型コロナウイルス感染防止のために事前予約を伴う入場制限を行い、サイン会といったファンサービスを自粛する方針を発表した。

 1日あたり1、2軍それぞれ上限千人に。混乱を避けるためにインターネットでの事前予約制とし、転売などの対策として「申込金」を求めるという。観覧当日は受付で本人確認を実施し「申込金」相当のグッズを渡す予定。

 入場時に検温し、発熱や体調不良のある人、マスクを着けていない人の入場を禁じる。観覧場所は1、2軍ともにメイン球場のスタンド席に限られる。