競輪の実力日本一を決める「KEIRINグランプリ(GP)2020」(30日・平塚)のPRに平塚競輪イメージキャラクターの東京パフォーマンスドールと関係者が23日、東京都内のマスコミ各社を訪問した。

 平塚での開催は3年ぶり8度目。今年の高松宮記念杯、寛仁親王牌に優勝した脇本雄太(福井)をはじめ、新田祐大、佐藤慎太郎(ともに福島)、賞金ランキング1位の松浦悠士(広島)に平原康多(埼玉)、地元のエース郡司浩平(神奈川)ら今年のベスト9選手が優勝賞金1億340万円を懸けて争う。また、28日にガールズGP、29日にヤングGPがそれぞれ行われる。