新型コロナウイルス感染拡大による、ひとり親への影響をまとめた調査結果を、労働政策研究・研修機構が23日までに発表した。年末に向けた暮らし向きが「苦しい」と回答したひとり親が計60・8%。直近1カ月間に食料が買えないことが「あった」と答えた人は約3人に1人に当たる計35・6%だった。

 同機構は「ひとり親の厳しい状況が浮き彫りになった。政策上の支援の必要性を裏付ける結果だ」としている。

 調査は11月、20歳未満の子を育てるひとり親と、それ以外の人を対象にインターネットで実施。計千人から回答を得た。