赤羽一嘉国土交通相は23日の衆院国交委員会の閉会中審査で、観光支援事業「Go To トラベル」の一斉停止に関し「これまで以上に感染対策にしっかり力を入れ、一日も早くスムーズに再開できる環境をつくれるように努力する」と述べた。公明党の遠山清彦氏への答弁。

 再開を判断する時期について参考人として出席した政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、国民民主党の古川元久氏の質問に「数日前に真剣に評価すべきだと思う」と言及。赤羽氏は判断が直前になる可能性を「あり得ると答弁せざるを得ない」とした。