日本で商標登録されている北海道白老町のブランド牛「白老牛」のマークと酷似したものを、中国企業が同国での商標登録に向け出願したことが23日、分かった。町は中国で商標などを取り扱う国家知識産権局に対し、認めないよう異議を申し立てた。町の担当者は「丸々同じで悪意ある出願だ」と憤っている。

 白老牛のマークは2007年に日本国内で商標登録され、町が権利を保有。町内の生産者や販売者らでつくる「白老牛銘柄推進協議会」がスーパーなどで販売される肉のパッケージに貼るなど利用している。