上皇さまは23日、87歳の誕生日を迎えられた。3月末に転居した東京・高輪の仙洞仮御所で、新型コロナウイルス禍による社会への影響を案じつつ、上皇后美智子さまと穏やかな日々を過ごしている。宮内庁によると、体調に特段の問題はなく、11月8日の「立皇嗣の礼」で一連の代替わり儀式が無事終了し、安堵した様子という。

 約26年住んだ皇居を離れての新生活は、コロナ禍を受け、外出や面会を控えることとなった。ライフワークの魚類研究や宮内庁病院への通院で皇居を訪れる以外は、今年で創建100年の明治神宮を10月に参拝したのみ。誕生日当日のお祝い行事も実施しないこととした。