ヤフーは22日、インターネット上の誹謗中傷投稿の抑止対策を改定し、削除対象を全ての投稿サイトに拡大する方針を決めた。AIを積極的に活用する。中傷の恐れがあり閲覧者が不快に感じる表現を禁止行為として具体的に例示。表現の自由に配慮し、ルールを透明化する。

 プロレスラーの木村花さんがネット上で中傷された後に死去した問題を受けた措置。有識者による検討会が22日までに提言書をまとめた。

 AIを活用しコメント投稿を削除する対象はこれまで「Yahoo!ニュース」だけだったが、削除例を明確にした上で「Yahoo!知恵袋」や投稿機能がある全てのサービスに適用する。