作家田辺聖子さんの同名小説を原作としたアニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」(25日公開)のPRイベントが東京都内で開かれ、声優を務めた俳優の清原果耶と中川大志が登場した。清原は「ストーリーが愛に満ちていて、(人と人との)つながりって良いものだなと思わせてくれます」と作品をアピールした。

 幼い頃から車いすの生活を送るジョゼ(清原)と、大学生の恒夫(中川)の純愛物語。恒夫がジョゼの祖母からジョゼの相手をするアルバイトを頼まれ、やがて2人の心の距離は縮まる。

 ジョゼと自身との共通点について「本が好きなところ」と話す清原。完成した作品を見て「絵がなんて美しいんだろうと、素直に感動しました」と感想を述べた。

 中川は、車いすから降りたジョゼが、腕だけで進む息遣いを表現するため、清原が本番前にスタジオでほふく前進していたエピソードを紹介。「ストイックだなと思いました。ひたむきにジョゼと向き合っていた」と絶賛した。

 2人は声優としての共演は初めて。清原は「私だけではイメージしきれない部分があったので、隣で中川さんが演じているのがありがたかった」と語った。