福田富一知事が5選を果たした11月の栃木県知事選で、告示前に投票を呼び掛ける文書を配ったなどとして、栃木県警は22日までに、公選法違反(法定外文書頒布、事前運動)容疑で宇都宮市議会の桜井啓一議長(58)と福田知事の次男福田陽市議(36)ら、数人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 桜井氏は同日、市議会の各会派代表者会議に出席。文書配布を認めた上で、21日付で議長職の辞表を提出したと明らかにした。

 桜井氏の説明によると、告示前の10月下旬、福田知事の母校、宇都宮工業高校の野球部OB会会員約700人に知事への支援を呼び掛ける文書を郵送した。