【ワシントン共同】「心配することは何もない」。バイデン次期米大統領は21日、東部デラウェア州の病院で新型コロナウイルスのワクチンの公開接種に臨んだ。安全性に対する懐疑論が国民に根強いことから全米にテレビ中継される中で懸念払拭に努めた。

 接種したのは米製薬大手ファイザーなどが開発したワクチン。「大きな希望と言える。国民も受けるべきだと模範を示したい」と強調した。一定期間を置いて2回目の接種を受ける。

 バイデン氏は「クリスマスや新年の休暇の期間、マスクを着用し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち、不要な旅行をしないでほしい」と呼び掛けた。