【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズは21日、八村塁が流行性角結膜炎のため約3週間、離脱すると発表した。23日(日本時間24日)に敵地フィラデルフィアで行われるセブンティシクサーズとの今季開幕戦も、欠場することが決まった。

 16日に診断を受けたといい、オンラインで取材に応じたブルックス監督は「目がひどく充血している」と説明。他にも視界がぼやける、光に過敏になるといった症状が出ているため、練習はしていないと明かした。

 ブルックス監督は「段階的に練習を再開してから、完全復帰となるだろう」と今後の見通しを示した。