リクルートワークス研究所は21日、2022年卒の大学生・大学院生の採用に関する調査で、21年卒に比べて採用人数を減らすとした企業は11・6%、増やすとした企業は7・7%だったと発表した。採用減が採用増を上回ったのは、リーマン・ショックの影響が続いた11年卒以来11年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大で、学生側の売り手市場に陰りがみられる。

 採用減を業種別で見ると、飲食店・宿泊業が最多の21・6%。他には情報通信業が13・4%、機械以外の製造業が13・3%だった。一方、人手不足が続く建設業や医療・福祉では、採用を増やす企業の割合が減らす企業を上回った。