西村康稔経済再生担当相は21日の臨時記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法の改正について「(来年1月召集の)通常国会に法案を提出することも念頭に検討を加速したい」と述べた。同席した政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は首都圏で「忘年会や新年会は基本的に見送って、帰省は延期も含めて慎重に検討してほしい」と提言した。

 尾身氏は東京は人の動きが減らず、首都圏から周辺に感染が拡大しているとして「首都圏の感染が抑えられないと全国の感染拡大を下方に向けられない」と指摘。時間帯や場所を問わず、飲食をする場での感染リスクが特に高いことを強調した。