サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)男子の開幕戦、ビラボン・パイプマスターズ最終日は20日、米ハワイ州オアフ島で行われ、五十嵐カノア(木下グループ)は5位だった。3回戦は12・33点をマークしてジャジソン・アンドレ(ブラジル)を下したが、準々決勝は7・06点でガブリエウ・メジナ(ブラジル)に敗れた。

 2016、17年の年間王者、ジョン・フローレンス(米国)が決勝でメジナを破って優勝した。

 CTは新型コロナの影響で21年シーズンが例年より3カ月前倒しで開幕。スタッフのコロナ感染で一時中断したが、全日程を消化した。(共同)