国内の新型コロナウイルス感染者が21日、累計で20万人を超えた。1月16日に初の感染者が公表され、10万人になるまでの期間は約9カ月半だったが、その後2カ月足らずで2倍に膨れ上がった。11月から本格化した「第3波」の流行は衰えず、感染が都市部から全国に拡大している。

 専門家は気温低下や人の移動でさらに深刻化する事態を懸念する。日本医師会などは、通常の医療を提供できない恐れがあるとして「医療緊急事態宣言」を発表した。重症者数も高い水準で推移しているほか、死者は1日に50人を上回る日があり、累計で3千人に迫る。