静岡県の自宅で2017年、12歳だった長女に性的暴行を加えたなどとして、強姦と児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた男の控訴審判決で、東京高裁は21日、強姦罪について無罪とした一審静岡地裁判決を破棄し、求刑通り懲役7年を言い渡した。近藤宏子裁判長は、長女の被害証言は信用できるとし「信用性を否定した一審は証拠の評価を誤り、論理則、経験則に照らして不合理だ」と判断した。

 性暴力事件を巡っては、昨年3月の一審判決と同時期に無罪が相次ぎ、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が各地に広がった。

 事件で直接証拠は長女の証言しかなく、信用性が最大の争点だった。