【ワシントン共同】米議会与野党は20日、新型コロナウイルス感染で打撃を受けた家計や企業を支援するため、9千億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策案で合意した。共和党上院トップのマコネル院内総務が明らかにした。21日にも上下両院で可決し、トランプ大統領が署名して成立する見通し。米景気回復の減速傾向が鮮明になる中、これまでの支援策の期限切れが今月下旬に迫り、与野党がようやく妥協にこぎ着けた。

 マコネル氏はツイッターで「議会は合意に達した。新たな支援策をできるだけ早く通す」と述べた。