【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第15週第2日は19日、各地で行われ、ビルズがブロンコスに48―19で快勝して11勝3敗とし、アメリカン・カンファレンス(AFC)東地区で1995~96年シーズン以来となる優勝を決めた。同地区はペイトリオッツが11季連続で制していた。

 ナショナル・カンファレンス(NFC)北地区で既に優勝を決めているパッカーズはパンサーズを24―16で下し、11勝目(3敗)を挙げた。