全国高校駅伝は20日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第71回の男子(7区間、42・195キロ)、第32回の女子(5区間、21・0975キロ)はともに世羅(広島)が2015年以来の頂点に立ち、5年ぶりの男女制覇を果たした。男子は2時間1分31秒で歴代最多を更新する10度目、女子は1時間7分13秒で2度目の優勝。男女優勝は昨年の仙台育英(宮城)に続いて2年連続となった。

 男子は5位で出た3区のムワンギが区間新記録の快走でトップを奪った。

 女子は最終5区でトップと42秒差の8位からムッソーニが猛追し、逆転。そのまま2位以下を引き離した。