島根県出雲市の出雲大社で20日、神職ら14人が新年に備え、1年間の汚れを落とす師走恒例のすす払いをした。

 新型コロナウイルス禍の中、大社は新年の正月三が日の参拝者数を、今年より7万人少ない68万人程度と見込む。感染拡大を防ぐため「時期をずらして初詣に訪れることも検討してほしい」と呼び掛けている。

 神職らは、はたきとして用いた長さ約4・5メートルのササなどを左右に振りながら、本殿の軒下のほこりや砂を払った。大社では、拝殿や神楽殿を含めた大掃除が26日まで続く。