J1清水の来季監督に、C大阪の監督を今季限りで退任するミゲルアンヘル・ロティーナ氏(63)の就任が決定的となっていることが19日、関係者への取材で分かった。今季7勝7分け20敗で16位に沈んだ清水はシーズン途中にピーター・クラモフスキー監督を解任し、11月から平岡宏章監督が指揮を執っていた。

 スペイン出身のロティーナ氏は2017年からJ2東京Vを率い、19年にC大阪の監督に就任。組織的な戦術を浸透させた堅守に定評があり、昨季はリーグ最少失点で5位、今季も4位だった。

 清水はリーグワーストの70失点を喫した。