【サンパウロ共同】ブラジル保健省は16日、新型コロナ感染者が計704万608人になったと発表した。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、700万人を超えたのは米国、インドに次ぎ3カ国目。死者は18万3735人に上り、米国に次いで多い。

 16日の感染者数は7万人を超え、記録的な多さとなった。死者も2日続けて900人以上となった。一時落ち着いていた感染ペースが再び上昇傾向にあり、州によっては病床が逼迫している。

 パズエロ保健相は16日、来年2月ごろには英国製などのワクチン接種を開始できるとの見通しを示したが、ブラジル国家衛生監督庁はまだ承認していない。