麻生太郎財務相と萩生田光一文部科学相は17日、公立小学校の少人数学級化で折衝し、1学級当たりの上限人数を2021年度から学年ごとに引き下げ、5年かけて全学年を35人学級にすることで正式に合意した。文科省は来年の通常国会に上限人数を定めた義務教育標準法の改正案を提出する。

 現在の上限は小1のみ35人で、小2~中3は40人。21年度に小2を35人とし、その後学年ごとに順次引き下げ、25年度に小1~小6の35人学級化を実現する。

 きめ細かな指導が可能になるとして、教育現場では少人数学級を求める声が強かった。