強い寒気の影響で京都市内では16日夜から17日朝にかけて雪が降り、清水寺(東山区)や金閣寺(鹿苑寺、北区)がこの冬初めて雪化粧した。清水寺では今年、国宝・本堂の檜皮屋根のふき替えと、舞台の床板張り替えの工事が完了。生まれ変わった「清水の舞台」が真っ白に染まった。

 清水寺には早朝からカメラを手にした参拝客が訪れ、絶景を前に何度もシャッターを押していた。相模原市の会社員(26)は「雪予報を見て昨晩新幹線に飛び乗った。ここまで積もるとは思わず、きれいで感動した」と話した。

 京都地方気象台によると、17日朝の京都市の最低気温は平年より約3度低い0・2度だった。