政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は9日、全国的な新規感染者の増加を受け、クラスター(感染者集団)対策や水際対策の強化を求める緊急提言をまとめた。適切な対策を取らないと、急速な感染拡大に至る可能性があると警告した。北海道では同日の感染者が200人と過去最多で、繁華街を中心に感染拡大に歯止めがかからない。神奈川と大阪も同様。感染者の増加が明らかな地域に愛知、岐阜、奈良、兵庫を挙げた。

 クラスター対策では、集団の特徴に応じ、今までよりも踏み込んだ対応を求めた。外国人コミュニティーには、多言語や簡易な日本語での情報発信に努めるよう求めた。