菅義偉首相は9日の自民党役員会で、新型コロナウイルス感染症を巡り「新規陽性者数が連日千人を超えている。最大限の警戒感を持って対処する必要がある」と述べた。新型コロナワクチンのための予防接種法改正案が10日の衆院本会議で審議入りすると指摘。「法案の内容をしっかり説明し、速やかな成立に努めたい」と語った。

 PCR検査の体制拡充や、専門知識を持った人材の派遣などの対策を十分に講じる考えも表明。「爆発的な感染を防ぎ、国民の命と健康を守る」と強調した。