農林水産省は9日、香川県東かがわ市で発生した今シーズン2例目の養鶏場での鳥インフルエンザが遺伝子解析の結果、高病原性の「H5N8亜型」と確認したと発表した。5日に発生を発表した同県三豊市の養鶏場での高病原性鳥インフルエンザと同じ型。発生源が同一かどうかなどは不明で、さらに詳しい感染ルートを調べる。

 農水省によると、両養鶏場で人や車両などの交流は確認されていない。香川県は9日までに、両養鶏場で飼育していた全てのニワトリの殺処分を完了したと発表した。