岸信夫防衛相は9日、鹿児島県西之表市の八板俊輔市長と防衛省で会談し、米軍との共同使用を計画している馬毛島(同市)への自衛隊基地建設を巡り、地元に支払う米軍再編交付金の2022年度予算への計上を目指す方針を表明した。八板氏は建設に同意できないとの立場を初めて直接伝えた。

 馬毛島は米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地。政府は島に自衛隊基地を建設し、同市を交付金の支給対象にする考えを示していた。

 岸氏は、市側の理解を得るため、現在FCLPが行われている硫黄島(東京)を八板氏が視察できるように調整するとした。