イオ信用組合(旧朝銀中部信用組合、岐阜市)は9日までに、客の定期預金などを着服したとして、30~40代の男性職員3人を懲戒解雇処分にしたと明らかにした。被害総額は約1億1千万円に上るという。

 同信組によると、三重県の四日市支店に勤務していた40代の元次長は15年12月~19年12月、顧客の定期預金から約1100万円を着服。愛知県の春日井支店では18年7月から20年6月にかけ、30代の元渉外係長が約7千万円を着服した。

 15年4月~20年7月には、福井、金沢両支店で30代の元渉外主任が計約3100万円を着服した。