京都市消防局は9日、京都アニメーション放火殺人事件を受け作成した動画を活用した訓練を同市南区で実施した。動画は、消防局が事件後に策定した火災から命を守るための避難の指針を基に作成。火災の規模に応じて、はしごを使った避難や室内の避難スペースに一時的に退避する方法などを紹介している。

 訓練では、参加した南区の事業所の防火管理者ら約70人が動画を視聴。実際に煙が発生した部屋での避難訓練を体験したほか、緊急時に2階のベランダに一度ぶら下がってから地上に降りる方法を消防職員が実演した。

 消防局の担当者は「動画を見て、火災時の避難について考えてほしい」と話した。