自民党の岸田文雄前政調会長は9日、国会内で講演し、来年の通常国会で憲法改正に向けた議論を進める必要性を訴えた。衆参両院の憲法審査会での審議停滞を念頭に「国民の理解を得るべく努力しなければいけない。まずは国会を動かし、国民に議論を見てもらうことが大事だ」と述べた。

 「緊急事態条項」などを盛り込んだ党改憲4項目に触れ「首都直下型地震が起きた場合の国会の権能維持などをしっかり考えなければいけない」と指摘。「課題を解決するべく努力する。今の時代に生きる国会議員の責務だ」と語り、改憲に重ねて意欲を示した。