福島県は9日、高級ブランド米として開発した独自品種「福、笑い」の新米のお披露目会を福島市で開いた。10日から試験販売を始め、来年産から本格的に売り出す。県の農産物は東京電力福島第1原発事故の影響で全国と比較して低価格になる傾向があり、高級米の発売で風評払拭に弾みをつける狙いがある。

 内堀雅雄知事は「生産者の情熱を受けて育ったコメのおいしさで皆さんにも笑顔になってもらいたい」とPRした。

 甘みと粘り気が強く、軟らかい食感が特徴。10日から県内や首都圏の百貨店などで、15トンを2カ月間限定で販売する。県によると2キロ入りで1728円。