ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が10日に神宮球場で行われる広島戦で先発してプロ初登板する。「今はすごくわくわくしている。早くマウンドに立ちたいという思いでいっぱい。体調はすごくいい」と引き締まった表情で話した。

 昨夏の甲子園大会で石川・星稜高を準優勝に導いた本格派右腕。2軍で7試合に登板して19回2/3を投げて4失点、防御率1・83だった。「落ち着いてファームで一年やってきた成果を出したい。抑えて勝つのが一番いい形だと思うが、まずは自分の投球をして、けがなく終われたら」と目標を口にした。