シャープは9日、新型コロナウイルス感染の原因となる飛沫を防ぐため顔を覆うフェースシールドを発売した。液晶パネル開発で培った技術を応用し、光の反射を抑える特殊加工を施した。呼気で曇りにくく表情や手元が見えやすい仕様で、企業の受付や接客業での需要を狙う。

 フレームに樹脂を使った製品が1980円、チタン製が8980円。4月に抽選販売を開始したマスク同様、自社のインターネット通販サイト「ココロストア」を通じて販売する。抽選は実施しない。樹脂フレーム仕様は9日の発売直後に在庫切れとなった。次回の入荷は未定。チタンフレームは30日発売。