【ワシントン共同】米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンへの搭乗を14日に控えた野口聡一さん(55)ら日米の飛行士4人が8日、打ち上げ場のある米フロリダ州のケネディ宇宙センターに到着した。野口さんは「鬼滅の刃」のキーワードを引用して「夢と希望と感動を分かち合えるように“全集中”で頑張りたい」とあいさつした。

 4人は、おそろいの青いつなぎと黒い帽子姿で記者会見に臨んだ。

 野口さんは、民間宇宙船としては本格運用1号機となる今回の搭乗について「大きな意味がある。有人宇宙飛行を支える民間の会社がどんどん出てくると思う」と強調した。