【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、米大統領選でバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことを受け、ツイッターで祝意を示した。トランプ米政権は来年7月にWHOを脱退すると通告したが、バイデン氏はこれを撤回してWHOに残留する意向を示しており、最大の資金拠出国を失う危機を脱した安堵感が行間に漂っている。

 テドロス氏は、新型コロナウイルスの感染拡大は「人の命や生活を守るために、世界が団結することの重要さを示した」と指摘。WHOとしてバイデン氏らと協力していくことを「楽しみにしている」と述べた。